日本語 English
インターステラ株式会社の技術ブログです

Amazon Elastic Load Balancingで固定IPアドレスを使用する – Global Acceleratorでの設定

前回の記事:Amazon Elastic Load Balancingで固定IPアドレスを使用する

こんにちは、阿形です。

今回は前回検討したAmazon Elastic Load Balancingで固定IPアドレスを使用する方法のうちの一つを実際に設定してみます。NLBを使用する方法と、Global Acceleratorを使用する方法がありましたが、今回はGlobal Acceleratorを使用してやってみます。なぜかというと、新規設定する場合だとこちらのほうがとても簡単だからです。

Application Load BalancerとGlobal Acceleratorの設定

前回の記事で書いたように、Global Acceleratorは基本的にALBと組み合わせて使用しますので、まずはALBを作成してみます。が、実はALBの設定時に同時にGlobal Acceleratorを設定することが可能になっています。

まずは通常のALBの作成と同様に作業を進めます。
ALBで必要となるVPC、Security Group、Target Groupは作成が終わっているものとします。

  1. AWSマネジメントコンソールにログインします。
  2. EC2を開きます。
  3. 左側メニューからロードバランサー(Load Balancers)を開きます。
  4. 上部の青いボタン「ロードバランサーの作成(Create Load Balancer)」をクリックします。
  5. ロードバランサータイプの選択(Select load balancer type)で、Application Load Balancerの下の「作成(Create)」ボタンをクリックします。
  6. 画面下の方にある「アドオンサービス(Add-on services)」を開きます。AWS Global Acceleratorのオプションがありますので、チェックボックスにチェックを入れます。するとGlobal Acceleratorの名前を入れるフィールドが現れるので任意の名前を入力します。
  7. その他のALB関連の設定を一通り入力します。入力が終わったら「ロードバランサーの作成(Create Load Balancer)」ボタンをクリックします。

以上の手順で、Application Load BalancerとGlobal Acceleratorが同時に設定されます。設定された固定IPアドレスを確認してみましょう。

  1. AWSマネジメントコンソールにログインします。
  2. Global Acceleratorを開きます。
  3. 表示されたAcceleratorのリストを見ると、Static IP addressesというカラムがあるので、そこの値を見ます。2つのIPアドレスが割り当てられているのが確認できます。

このように、ALBとGlobal Acceleratorを同時に設定すると非常に簡単です。なお、すでに設定されたALBに対してあとからGlobal Acceleratorを使用することも可能です。
また、ALBを使用せず、EC2インスタンスやElastic IP addressをGlobal Acceleratorのエンドポイントとして指定することも可能です。

次回はNLBを用いた設定を取り上げようと思います。

SNSでフォローする