投稿

【インターンステラ】MacでPython3プログラミングを始める

イメージ
岩佐です.

MacでPython3のプログラミングを始められるようにしましょう. 初心者向けです.
作業はターミナルで行います.
ターミナルを開く [Finder]→[アプリケーション]→[ユーティリティ]と移動すると, ターミナルがあると思います. 開きます.






すると, なにやら出てきましたよね.

これがターミナルです. これをDock(画面下のアプリケーション一覧)に追加しておきましょう.

ターミナルの基本的な使い方 Homebrewを入れるHomebrewはMac OS用のパッケージ管理ツールです. 使う場面はここに限りません. 入れましょう.
homebrew公式ページにこんなものがあるのでターミナルにコピペして実行します. $ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)" するとHomebrewをインストールできます.
Python3を入れる Homebrewをインストールできたら, python3をインストールします. $ brew install python3 インストールの確認
$ python3 --version Python 3.7.0などと表示されればオーケーです. virtualenvを入れる virtualenvを使えばプロジェクト毎にpython環境を作ることができます. $ pip3 install virtualenv $ pip3 install --upgrade virtualenv 例えば作業ディレクトリをworkspaceとして, project1という仮想環境を作ります. $ mkdir workspace && cd workspace $ virtualenv -p python3 project1 すると, workspaceディレクトリ内にproject1ができています. この環境に移るには, $ source project1/bin/activate (project1) $ を実行します. ここで, pip3などで環境を構築しましょう. 環境の確認はpip3 freezeを…

【インターンステラ】reStructuredTextの書き方

イメージ
岩佐です.

Sphinxでドキュメントを作成する際, reStructuredTextという簡易マークアップ言語を使って記述します. そこで, よく使いそうな簡単な構文を書いておきます.

以前Sphinxの始め方で作ったsample projectを使います. が, 新しく始めてもいいでしょう.

その場合は,
$ sphinx-quickstart Project nameとAuthor nameを適当に決め, autodocをyにしておく以外はそのままEnterを押しましょう.
reStructuredTextの構文 ディレクトリの中身はこのような感じですよね.
$ ls Makefile _build _static _templates conf.py index.rst make.bat ここで新しいrstファイルを作ります.
$ vim sample.rst とにかく書いてみましょう.
Section ======= =========== Subsection1 =========== reStructuredText sample *italic* **bold** ``code sample`` * table ===== ===== ====== input output ------------ ------ A B A or B ===== ===== ====== False False False True False True False True True True True True ===== ===== ====== * link `Sphinx `_. =========== Subsection2 =========== 1. code-block .. code-block:: python from django.http import HttpResponse def hello(request); return HttpResponse("Hello World") .. 2. object's doc…

【インターンステラ】 Sphinxの始め方

イメージ
岩佐です.
ドキュメント作成にSphinxを使うため, その手順を書いておきます.
環境はMacです.
$ sw_vers ProductName: Mac OS X ProductVersion: 10.13.4 BuildVersion: 17E199
Sphinxのインストール まずSphinxのインストール.
$ pip3 install Sphinx $ pip3 install --upgrade Sphinx
Sphinxを始める 事前にドキュメントを作るディレクトリでも作っておきましょうか.
$ mkdir sample && cd sample ドキュメント作成を始めるには,
$ sphinx-quickstart すると最初にいくつかの質問がきます.
ほとんどはそのままEnterを押してオーケーですが, Project name, Author nameは入力してください.
Project languageはjaにしておきましょう. またautodocはyにします.
$ sphinx-quickstart Welcome to the Sphinx 1.7.5 quickstart utility. Please enter values for the following settings (just press Enter to accept a default value, if one is given in brackets). Selected root path: . You have two options for placing the build directory for Sphinx output. Either, you use a directory "_build" within the root path, or you separate "source" and "build" directories within the root path. > Separate source and build directories (y/n) [n]: Inside the root directory, two more…

【AWS】WindowsServerでRDP(リモートデスクトップ)の同時接続数を増やす

イメージ
こんにちは、ひさしぶり投稿のマルオです。今回はWindowsServerでリモート作業を行う際に困る「RDP接続数」の話を扱います。
RDP接続数の制限
WindowsServerでRDP接続を行う際に、他のオペレーターとバッティングしてセッションが途切れてしまう事があります。

上記メッセージが出力され「あれ?突然切れた…?」そんな経験がおありでしょう。
WindowsServerのデフォルト設定ではセッションが「1」に制限されていて、同時に複数のセッション保持を出来ないことが原因です。
そこで複数オペレーターと同時作業が行えるように制限解除を行い、同時にセッション数「2」まで接続できるように設定変更をしてみます。
※本記事では「WindowsServer2016(英語版)」を対象に作業を行います。
RDP接続数制限の設定箇所を探す RDP接続制限の設定はグループポリシーエディタで行います。
変更箇所: Local Computer Policy > Administrative Templates > Windows Components > Remote Desktop Services > Remote Desktop Session Host > Connections
上記を開くと次の画面になります。
RDP接続数制限の解除

上記画面で
Restrict Remote Desktop Services users to a single Remote Desktop Service session
を「Disable」を選択します。※デフォルト「Enable」 この設定を有効にすることで、RDP接続数の制限を解除して同時接続数「2」に変更することができます。
RDP接続数上限を超えて接続した場合 RDP同時接続数が「3」になった場合、既に接続されているデスクトップには次のようなメッセージが表示されて、接続の継続/拒否が選択できます。

なお、選択猶予時間は30秒で、それを経過すると自動的に新しいセッションが優先選択されるので要注意です。作業中に接続しっぱなしで放置していると接続が切れているのは、30秒経過していたからなんですね。
これで複数オペレーターが同時に作業することが可能となりました。めでたし。


【GCP News】GCPでMongoDB Atlas無料枠を提供

イメージ
こんにちは。高木です。

今回は6月27日に発表されたGCPでMongoDB Atlasの無料枠が提供されたということでそれについて書いていきたいと思います。

今日、アイオワ(us-central1)、ベルギー(europe-west1)、シンガポール(asia-southeast1)リージョンでMongoDB Atlasが無料枠で使えるようになりました。
無料枠はMongoDBのM0インスタンスです。

まず、MongoDBコンソールにログインし「新しいクラスタを構築する」を選択→「Google Cloud Platform」を選択→「無料枠利用可能」を選択。



以上です。

Announcing MongoDB Atlas free tier on GCP ←元記事はこちらです。

【GCP News】Google Cloudの新しい認定資格 "Associate Cloud Engineer"

こんにちは。高木です。

今回は6月21日に発表されたGoogle Cloudの新しい認定資格Associate Cloud Engineerが加わったのでそちらについて書いていきたいと思います。

まずGoogle Cloud認定資格とは、Google Cloudのユーザーやお客様、パートナーの皆様が特定の職務やテクノロジーに関する技術的なスキルをお持ちであることを証明するためのものです。業界基準に合わせて綿密に開発された各種メソッドを使用して、受験者がGoogle Cloudの熟練度の基準を満たしているかどうかを判断し評価します。

Associate Cloud Engineer認定資格は、アプリケーションのデプロイ、オペレーションのモニタリング、エンタープライズソリューションの管理を行います。Google Cloud上のGoogleマネージド サービスまたはセルフマネージド サービスを利用する1つ以上のデプロイ済みソリューションを管理するために、Google Cloud Consoleとコマンドライン インターフェースを利用して一般的なプラットフォームベースのタスクを実行できます。

クラウドテクノロジは組織のさまざまな側面に影響するため、ITアナリストはデータ分析からスケーラビリティに至るまで様々なシナリオでクラウドツールをいつ、どのように使用するかを知る必要があります。例えば、クラウドでアプリケーションを起動するだけでは不十分です。Associate Cloud Engineerはアプリケーションがシームレスに成長し適切に監視され、権限のある担当者が楽に管理できるようにします。

Associate Cloud Engineerの認定資格のベータ版からのフィードバックは素晴らしいです。ITの専門家であるMorgan Jones氏は、「成功する未来とクラウドのビジネス価値を提供することはマルチクラウド戦略を採用することである」と考えて参加することを熱望していました。

Associate Cloud Engineer試験では、以下のことを行う能力が評価されます。
・クラウド ソリューション環境の設定 ・クラウド ソリューションの計画と構成 ・クラウド ソリューションのデプロイと実装 ・クラウド ソリューションの正常なオペレーションの確保
・アクセスとセキュリ…

【GCP News】Google App EngineがStandard環境でNode.jsをサポート

こんにちは。高木です。

今回は6月12日(火)に発表されたGoogle App Engineに関する記事について書いていきたいと思います。

これまではflexible環境でNode.jsが使用できていましたが、今度はStandard環境で使えるようになりました。
Standard環境はこれまで、Java、Python、Go、PHPの言語が利用可能でした。

Google App Engineはクラウド上にアプリケーションの実行環境が提供され、サーバが落ちた場合の復旧や負荷に応じたサーバの増減などの管理をすべてクラウドにまかせることができるサービスです。

Google App EngineのStandard環境でNode.jsをサポートすることにより以下のメリットがあります。

迅速なデプロイやスケーリング 
基本的なExpress.jsのデプロイならば1分以下で実行できるだけでなく、トラフィックに応じたスケーリングも迅速に行われます。
通常のNode.jsと同一環境  standerd環境で提供されるNode.js環境は、通常のNode.jsが提供するAPIに対する制限はなく、まったく同じことが実現できます。そのため、ネイティブを含むNode.jsモジュールも追加可能。
強力なセキュリティ  Node.jsのセキュリティパッチ適用などのアップデートはクラウド側で自動的に行われ、つねに最新の状態が保たれます。さらにカスタムドメインでHTTPSの利用も可能になっています。

なるほどですね。
また、今回新たにStandard環境でNode.jsがサポートされたことにより、開発者はNode.jsのランタイムのインストールをしなくてもすぐにGoogle App EngineですぐにNode.jsアプリケーションをデプロイし、実行できるようになるそうです。

以上です。
Now, you can deploy your Node.js app to App Engine standard environment ←元記事はこちらです。