【GCP News】Google Cloudによる請求プログラムの通知によるコスト管理の改善


どうもこんにちは。
高木です。

今回はGoogle Cloudの請求プログラムの改善が行われているということでそちらについて書いていきたいと思います。
よろしくお願い致します。





Google Cloudでワークロードを実行することでビジネス構築、拡張の為に必要なツールにアクセスができる。と、同時にユーザーに通知し支出を管理することでコストを抑えることが重要なんですね。


今日ではGCP課金プログラムによる予算通知を追加していて予算を管理できないときに自動で実行してくれるという非常に優秀な機能です。


なるほど、、!
予算を管理できないときに自動で実行してくれるのはとても楽ですね。



ちなみにコストを監視する請求予算通知はサードパーティまたは自社のコスト管理ソリューションやGoogle Cloudサービスと共に使用できるみたいですね。
例えば、エンジニアリングマネージャーとして予算の80%を達成するたびにスラックを通してチーム全体に警告するための予算通知を設定することができます。






こんな感じで↓↓






ほうほう~。
スラックを通して通知できるのはとても利便性がありますね。
Googleはユーザーがいかに楽に便利に使ってもらえるかを考えてくれるのが伝わります。



ではでは、今日はこの辺で失礼したいと思います。


元記事はこちら↓↓
Google Cloud Platform Blog

このブログの人気の投稿

【AWS】IAMFullAccessを付与せずIAM Roleの作成とアタッチを行う方法

【AWS】EBSボリューム自動取得/削除 を Lambda で実行 (世代管理も)

【GCP】Compute EngineでVPNサーバーを立てるときの注意点