【インターンステラ】Kubernetes手順書の作成を行いました

こんにちは、國分です。

本日は前回学習した内容を簡単にまとめる手順書作成を行いました。
先に進めて頂いていたので内容を足す形となりました。

Docker

この作成にあたり前回できなかったDockerについても一通り行いました。
Dockerは新しいDockerイメージの公開や変更の際に必要となるものです。
まず始めにプラットフォームにDockerをインストールします。
その後、Dockerfileに変更を加えイメージの構築、タグ付け、アップロードをコマンドで行いました。
最後に各コントローラーに変更を加えて終わりです。
内容的には簡単そうに見えますが、最後までたどり着くのに多くの時間を要しました。
一度つまずいたことで理解は深まりました。
今後短い時間でできることに期待したいです。

手順書

手順書に関しては簡潔にまとめられていて、内容通り進めることで誰でもできるようなものを目指しました。
実際試してみるとほとんど本文通りコマンドを打つだけでできました。
まだ最後のテストだけ試せていないのでその点までしっかり確認しておきます。

振り返り

試している際、新しくインスタンスを立てずともGoogle Cloud Platform上のGoogle cloud shellを有効にするだけで実行できることを知り驚きました。
ですが、今までの経験があったからこそ驚けた事実だと思うので、学習内容が少しでも理解できている実感を得られた瞬間でもありました。
また、話を聞く限り今後色々なことをするそうなので、期待しつつも恐怖を感じる1日でもありました。
現在の学習内容はあくまで学習でしかないので実用できるように努力したいと思います。




このブログの人気の投稿

【AWS】IAMFullAccessを付与せずIAM Roleの作成とアタッチを行う方法

【AWS】EBSボリューム自動取得/削除 を Lambda で実行 (世代管理も)

【GCP】Compute EngineでVPNサーバーを立てるときの注意点