【インターンステラ】GCPの入門で詰まったこと

 こんにちはインターンのyouです.

 今回 Google Cloud Platform入門ガイドを読み進めていたのですが,ハマったり詰まったりしたところがあったのでまとめます.また僕はMacを使っているので他のOSの場合はまた異なるかもしれません.


1.gcloud コマンドラインツールのインストール

 はじめに「インスタンスの作成と起動」というページで「始める前に」という項目に,「gcloud コマンドラインツール」をインストールする必要があるという事なのでインストールしようとすると,それよりも先に「Google Cloud SDK」をインストールする必要があると書いてあります.
 ですが, 公式のドキュメント通りにコマンドを実行しインストールを試みても,ほとんどの項目が「Not Installed」となってしまいました.
 なので,「curl」コマンドでインストールを行い,bashrcの変更を適用する事で解決しました.途中で選択などが出てきても全部Enterで問題ありません.
$ curl https://sdk.cloud.google.com | bash
$ exec -l $SHELL
 また「gcloud」コマンドが使える様になったら,initコマンドで認証を行いますが,勝手にwebブラウザーを開いてログインして画面まで行ってくれるので簡単です.
$ gcloud init
これ問題なく「gcloud」コマンドが使える様になったと思います.


2.SSH接続

 この入門ガイドを進めていくと何度かインスタンスを作成し直すと思います.その時にそれまで使っていたインスタンスを削除してもう一度作り直すと,削除したものと同じ外部IPアドレスになりました.
 そして削除したインスタンスでSSHをターミナルから接続するため鍵を登録しSSH接続していたので,作り直したインスタンスで再度SSH接続しようとすると警告がでて接続できなくなりました.
悩んでいた所,阿形さんが「known_hosts」の該当IPの行を削除する事を教えてくださり,すぐにテキストエディタで該当行を削除した結果再度接続する事ができました.
$ nano ~/.ssh/known_hosts
 またnano textで保存する際はCtrl+xで保存モードに入れます.

3.まとめ

 公式ドキュメントは詳しく書いてある分,複雑な手順になっていたりする事がわかりました.GCPはまだ初心者なのでわからない事が多く,しばらくはドキュメントと格闘することになりそうです.

このブログの人気の投稿

【AWS】IAMFullAccessを付与せずIAM Roleの作成とアタッチを行う方法

【AWS】EBSボリューム自動取得/削除 を Lambda で実行 (世代管理も)

【GCP】Compute EngineでVPNサーバーを立てるときの注意点